「第34回写真丹後展」作品募集!!

「第34回写真丹後展」に作品を出品してみませんか!!

この写真展は、丹後地域から広く作品を公募し、一堂に展示することにより出品者相互の技術の研鑽と親睦を深め、併せて丹後地域の文化の振興に寄与することを目的としています。

展示日時  ・京丹後市峰山地域公民館2F展示室
       令和4年2月9日(水)~2月13日(日)
      ・伊根町観光案内所
       令和4年2月19日(土)~2月23日(水・祝)
      ・宮津市ミップル3F浜町ギャラリー
       令和4年2月26日(土)~3月2日(水)
      ・加悦谷ショッピングプラザウイル
       令和4年3月9日(水)~3月15日(火)
      午前9時~午後5時(最終日は午後4時まで)

申込締切   令和3年12月27日(月)
問合せ先   〒627-0012 京都府京丹後市峰山町杉谷1030番地
       【事務局】京都府丹後文化会館内「写真丹後展」係
       TEL 0772-62-5200   FAX 0772-62-6852
       E-mail info@tangobunkakaikan.jp



※下記申込書をダウンロード・記入のうえ、上記事務局まで郵送または持参してください。↓↓
写真展開催要項(R3)
写真展申込
写真展貼付票
写真展募集要項(R3)

第37回丹後民踊のつどい

令和3年度丹後文化芸術祭


丹後民踊のつどい

令和3年11月23日(火・祝)   開場13:00   開演13:30
入場料金  一律300円 ≪全席自由≫


【出演団体】 (出演順)
・豊心会
・宮津火曜会
・豊茂会
・岩滝豊美会
・心美会
・峰山火曜会
・峰山木曜会
・民舞会
・豊寿会
・たけのこ会
・宮津のぞみの会
・田村民踊サークル
・峰山民踊研究会



新型コロナウイルス予防対策【実施中】

■ マスクの着用をお願いします。    
■ 体調不良でのご来館はご遠慮ください


 お問い合わせ 京都府丹後文化会館 ☎0772-62-5200

主催:丹後文化芸術祭実行委員会
  〔宮津市・京丹後市・伊根町・与謝野町・各市町教育委員会・各市町文化
   協会(協議会)・(公財)宮津市実践活動センター・(公財)京都府丹
   後文化事業団〕
   丹後民踊同好会
後援:京都府

会館の利用再開について

令和3年9月30日をもって、国の「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が解除されたのを受けて、「京都府における緊急事態措置」も解除されました。

しかし、京都府から「感染リスクを低減するための取組について」により、利用制限の要請がありました。

このため、次のとおり会館の利用を一部制限して開館しますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

1 制限期間   令和3年10月1日から10月31日まで

2 利用制限の内容

(1)利用人数の上限を原則として収容定員の50%以内とします。

  *50%を超える場合は事前にご相談ください。

(2)ホールでの催し物(イベント等)による利用時間は、21時までとします。

(3)練習室の夜間使用は、通常どおり18時から22時までとします。

(4)利用にあたっては、基本的な感染予防対策の徹底をお願いします。

 

お知らせ

京都府文化団体等活動継続支援事業

公演団体等を募集

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受け、公演等の活動を休止した団体及び個人等に対し、活動再開・継続の場を創出するとともに、POSTコロナに向けた京都の舞台芸術振興のため、若手芸術家等の活動を支援します。

 

事業及び募集の詳細については、「募集要項」をご覧ください。

活動継続事業募集要項(HP)

純烈CONCERT2021

注目


   
※この度、諸事情によりゲストが変更となりました。楽しみにされていた方々には大変申し訳ありませんが、ご了承のほどよろしくお願いします。
                                  
★純烈プロフィール★

元戦隊ヒーロー出身の俳優中心のムード歌謡コーラスグループ。地道な活動が実を結び、”スーパー銭湯アイドル”としてテレビ番組に多数取り上げられるなど注目を浴びた。活動当初からの目標「夢は紅白!親孝行!」を持ち続け、グループ結成から11年で『第69回NHK紅白歌合戦』初出場を果たした。


≪日時≫ 
令和3年12月6日(月)


≪時間≫ 
①開演13:15 (開場12:45)
②開演16:15 (開場15:45)

≪入場料金≫  【全席指定】
・一律6,000円(当日6,500円)
・友の会員5,500円(前売のみ)
  ※未就学児入場不可

≪前売開始≫
友の会員 9月27日(月)午前9:00~ (1会員2枚まで)※先行予約のみ
一般  10月4日(月)午前9:00~

≪お問合せ≫
京都府丹後文化会館 ☎0772-62-5200

≪主催≫
京丹後市・公益財団法人京都府丹後文化事業団
≪協力≫
株式会社クレバーエンタープライズ
≪企画協力≫
エムズプロデュース


新型コロナウイルス予防対策【実施中】

■マスクの着用をお願いします。
■間隔をあけてご案内しています。
■体調不良でのご来館はご遠慮ください。



会館の利用休止について

注目

国から「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の期間が延長されたのを受けて、「京都府における緊急事態措置」も延長され、府民利用に供する府立施設等については、引き続き利用を休止することとなりました。

このため、京都府丹後文化会館も次のとおり休館としますので、ご迷惑をおかけしますが、ご理解をいただきますようよろしくお願いします。

 なお、施設の使用申込等の窓口業務は、通常どおり行っています。

 

【休止期間】 令和3年9月13日(月)から9月30日(木)まで

*今後の対処方針の変更等により、期間や利用制限等を変更する場合があります。

 

第32回丹後美術工芸展

令和3年度丹後文化芸術祭
第32回 丹後美術工芸展

開催日 10月1日(金)~3日(日)
時 間 午前10時~午後5時(最終日/午後4時)
場 所 京丹後市大宮社会体育館
    京丹後市大宮町口大野208-1
料 金 入場無料
招待作家/吉岡 俊直 氏(京都市立芸術大学 准教授)

 


新型コロナウイルス予防対策【実施中】

■ ご来場の際には必ずマスクをご着用ください。    
■ 手指消毒等ウイルス感染対策にご協力ください。
■ 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、展示期間などが変更になることがあります。

お問い合わせ 京都府丹後文化会館 ☎ 0772-62-5200

 主催:丹後文化芸術祭実行委員会〔宮津市・京丹後市・伊根町・与謝野町・各市町
    教育員会・各市町文化協会(文化団体協議会)・(公財)宮津市民実践活動
    センター・(公財)京都府丹後文化事業団〕
    丹後美術工芸展推進委員会
 後援:京都府

映画大好き劇場№66「いのちの停車場」


 誰もが予想だにしなかった未知のウイルスに、世界が翻弄されている昨今。「生と死」について考える機会が増えたのではないでしょうか。金沢の小さな診療所を舞台に、”いのち”に優しく寄り添う医師と、避けることのできない死を迎える患者やその家族が、それぞれの立場から病と向き合い、葛藤し、成長してゆく。

 原作は現役医師・南杏子の同名小説で、医師だからこそ描写できる医療現場の臨場感、安楽死といったテーマに深く切り込み、2020年5月発売と同時に大きな反響を呼びました。主人公咲和子を演じるのは、国民的女優・吉永小百合。映画出演122本目にして、初の医師役に挑戦します。「まほろば診療所」のスタッフには、吉永小百合との初共演を果たす松坂桃李と広瀬すず、そして、西田敏行が熱演。かけがえのない人がいる、すべての方へ・・・





◎STORY◎
東京の救命救急センターで働いていた、医師・白石咲和子(吉永小百合)は、ある事件の責任をとって退職し、実家の金沢に帰郷する。これまでひたむきに仕事に取り組んできた咲和子にとっては人生の分岐点。久々に再会した父(田中泯)と暮らし、触れあいながら「まほろば診療所」で在宅医として再出発をする。「まほろば」で出会った院長の仙川徹(西田敏行)はいつも陽気な人柄で患者たちからも慕われており、訪問看護師の星野麻世(広瀬すず)は、亡くなった姉の子を育てながら、自分を救ってくれた仙川の元下で働いている。ふたりは、近隣に住むたった5名の患者を中心に、患者の生き方を尊重する治療を行っており、これまで「命を救う」現場で戦ってきた咲和子は考え方の違いに困惑する。そこへ東京から咲和子を追いかけてきた医大卒業生の野呂聖二(松坂桃李)も加わり「まほろば」のメンバーに。野呂は医師になるか悩んでおり、そして麻世もまた、あるトラウマに苦しんでいた。
様々な事情から在宅医療を選択し、治療が困難な患者たちと出会っていく中で、咲和子は「まほろば」の一員として、その人らしい生き方を、患者やその家族とともに考えるようになってゆく。野呂や麻世も「まほろば」を通じて自分の夢や希望を見つけ、歩みはじめた。
生きる力を照らし出す「まほろば」で自分の居場所を見つけた咲和子。その時、父が病に倒れ・・・。父はどうすることもできない痛みに苦しみ、あることを咲和子に頼もうとしていた・・。





令和3年10月24日(日) 

上映時間 ①10:00~ ②14:00~ ※2回上映です
       (映画上映時間 1時間59分)
 
入場料金 〇 一般  前売 1,200円 (当日1,500円)
                  〇 シニア 前売・当日 1,000円 ※ 60歳以上要証明
     〇 高校生以下 前売・当日 800円 ※ 3歳以上有料
     〇 友の会会員 前売りのみ 1,000円 (1人2枚まで) 
       《全席自由》

問合わせ 京都府丹後文化会館  0772-62-5200

主催:公益財団法人京都府丹後文化事業団


新型コロナウイルス予防対策【実施中】

■ マスクの着用をお願いします。    
■ 間隔をあけてご案内しています。   
■ 体調不良でのご来館はご遠慮ください

令和3年度 優秀映画鑑賞推進事業「なつかしの映画上映会」は中止します。


 令和3年9月3日(金)・4日(土)に開催を予定していました令和3年度 優秀映画鑑賞推進事業「なつかしの映画上映会」は、国から「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が発出されたのを受け、中止いたします。
 なお、チケットは購入先プレイガイドにて払戻しをお願いします。

令和3年度 優秀映画鑑賞推進事業「なつかしの映画上映会」


 戦後の混乱を乗り越え、復興の時を迎えた日本に生きる様々な家族や夫婦の姿を描いた作品を紹介します。

『名もなく貧しく美しく』

監督・脚本:松山善三
出演:高峰秀子、小林桂樹、原泉、草笛光子、沼田曜一 ほか
[1961年 東京映画 白黒129分]

『裸の島』

監督・脚本:新藤兼人
出演:乙羽信子、殿山泰司、田中伸二、堀本正紀
[1960年 近代映画協会 白黒96分]

『煙突の見える場所』

監督:五所平之助 原作:椎名麟三
出演:田中絹代、上原謙、高峰秀子、芥川比呂志、関千恵子 ほか
[1953年 新東宝=スタジオ8プロ 白黒108分]

『この広い空のどこかに』

監督:小林正樹 脚本:楠田芳子
出演:佐田啓二、久我美子、高峰秀子、石浜朗、大木実 ほか
[1954年 松竹 白黒109分]



上映日   9月3日(金)・4日(土)

入場料金     500円券:2作品鑑賞できます
          1000円券:4作品鑑賞できます
        ※2日間有効≪全席自由≫

上映スケジュール
9月3日(金)
   13:00~15:09 「名もなく貧しく美しく」
   16:00~17:36 「裸の島」
   18:00~19:48 「煙突の見える場所」

9月4日(土)
   10:00~11:49 「この広い空のどこかに」
   13:00~15:09 「名もなく貧しく美しく」
   16:00~17:36 「裸の島」

※各映画とも約30分前開場です。
 上映終了ごとに一度退場していただきます。

会場   京都府丹後文化会館

お問合せ   京都府丹後文化会館  ☎0772-62-5200

主催:京丹後市、(公財)京都府丹後文化事業団、国立映画アーカイブ

特別協力:文化庁、㈳日本映画製作者連盟、全国興行生活衛生同業組合連合会

協力:株式会社オーエムシー


新型コロナウイルス予防対策〔実施中〕
■マスクの着用をお願いします。
■間隔をあけてご案内しています。
■体調不良でのご来館はご遠慮ください。